就職活動を通して

平成不況がはじまって、15年近く経った2006年辺りから好景気の気配が出てきました。

その理由は、2007年問題でした。

団塊世代の補充人員として、企業は大量に採用する余裕が出てきたのです。

しかし、2年後にはリーマンショックから再び不況となり、内定取消など、かつてなかった企業の悪態が明るみとなった時期でもありました。

現在も、どんどん内定率が下がり、かつて以上に無就職者の新卒大学生が増えてきています。

そんな中、就職活動を通してある出会いを獲得している大学生がいました。

A君・・・私立大学生。

とにかくあちこちの会社企業説明会に参加し、多大の学生と交流を取ってきました。普通でしたら、会社の情報交換や業界対策など、今後の就職活動に役に立てるはずが、彼は違いました。

なんと、会場にいる女の子をナンパしているわけです。大変バチ当たりな行動かもしれませんが、なるほどとうなずける話でした。

「自分は、バイトも大学も男しかいないので、これしか出会い作れないんですよ~」

とはいっても、説明会にいる女の子は就職活動に必死なはず。どうやって心を開いたり、プライベートで会うの?

「〇〇の説明会にいませんでしたか?と今いる同じ業界で有名な会社名を出せば、ホントにいなくて大体は話してくれます。」

なるほど・・・

新しい出会い方ですが、本業の目的も忘れないで欲しいですね。

このページの先頭へ