就職・恋愛のその後

すると、どうでしょう。とても見違えてしまいました。
おかげで、2社も営業職で内定を取れるぐらい成長し、彼女も見る目が変わりました。

手取り足取りレクチャーしていくに、母性本能をくすぐったのか、いつのまにかB美の方から好きになってしまいました。
すると、A君もまんざらでもなく、それを感じ取り、卒業後に付き合うことになったのです。

次に、内定報告会で交際相手を見つけたB君を見てみましょう。

B君・・・不動産の営業職に内定。内定式も終わりすっかりもう社会人気分です。

そこそこの大きな会社に内定をもらったB君は、大学からの要請で内定報告会に参加しました。
彼は、不動産業界における今の就職活動を振り返りながら、3年生にアドバイスしています。

ここで、ある運命の出会いをします。3年生の法学部に通っているHさんから相談を受けました。
彼女は、司法書士を目指していますが、親からの反対を受けていました。
説得もあり、まずは、新卒でどこかの企業へと就職をしようと考えて、B君に相談をしたのです。

彼は、法学部で取得した宅建の資格を活かす事をすすめて不動産業界へ案内しました。
翌年彼は、大学卒業し、大手の不動産の営業職として勤務しました。すると、彼女が彼と同じ会社に受けてきたのです。

当然、法学部での成績のいい彼女は、内定を取り、サプライズで就職することにしました。
その報告を、夏休みにB君に伝えたら、大変喜び、その後、二人は付き合うことになりました。

このように、就職サポーターや内定報告会など、知らない先輩後輩同士が知り合うきっかけも恋愛に結びつくのです。

このページの先頭へ