就職恋愛サポーター

大学の就職活動をしていた人ならばわかりますが、夏休み明けあたりに内定が取れた4年生の就職報告会ってご存知ですか?

あれは、自分の経験を次の就職活動をする3年生に向けて激励するイベントなのが基本です。

簡単な質疑応答が入り、多少座談会の様な雰囲気でやるとこもありますが、1日で終わりですよね。

ある大学では、就職サポーター制度というのがあります。

これは内定が取れた4年生が、就職課などに常駐し、同じ学年や次の3年生に向けて就職のサポートをする制度です。

しかし、中にはこれを出会いの場として、彼氏を作ってしまった女子大生がいます。

B美さん・・・

早々に食品メーカーの事務職として内定をもらった女子大生。

サポーター制度を利用して、残りの大学生活を過ごしています。

ある日、同じ4年生ですが、1浪しているA君が彼女の元に訪ねにいき、就職活動の相談をしにいきました。

どうやら、内定が取れないだけでなく、受けたい職種の適正に迷っているようでした。

彼は、営業志望ですが、パッと見おとなしめで、声も小さいので、第一印象で不採用をもらっているのではないかと考えました。

B美さんは、早速、イメージチェンジを進めて、営業職が似合う男子へと改造してあげました。

このページの先頭へ