であいちゅう

D(ホステスとして働く)「有名ブランドのバッグなんて買ってって伝えたら案外プレゼントしてくれますよね。あたしも、何人かにいっしょのバースデープレゼントねだって1個だけもらっていて全部売却」
筆者「マジですか?プレゼント買取にだすんですか?」
D(キャバクラで稼ぐ)「けどであいちゅう、皆も質に流しますよね?もらっても役に立たないし、流行だって変わるんだから、売り払った方がバッグだって悲しいだろうし」
国立大に通う十代E悪いけど、Dさん同様、私も売っちゃいますね」
C(銀座のサロン受付担当者)「であいちゅうを通してそういった使い方知りませんでした…私は一回もプレゼントを売ったりとかはないです」

鳴かぬなら鳴かせてみせようであいちゅう

筆者「Cさんって、であいちゅうを利用してどのような異性が直で会いましたか?
C「高いものを送ってくれるような出会いはありませんでした。そろって、写真とは違うイメージで体目的でした。わたしなんですけど、であいちゅうに関しては彼氏を見つける目的で待ち合わせしたのにいきなり求められるのは不愉快でした」
筆者「であいちゅうにアクセスするのはどういう相手を知り合いたいんですか?
C「何言ってるんだって思われそうですけどであいちゅう、お医者さんとか弁護士の方とか国立大学にいるような将来性のある男性が目当てなんです。
E(国立大に在籍)わたしはであいちゅう、国立大に在籍中ですが、であいちゅう回っててもであいちゅう、優秀な人がいないわけではないです。けど、であいちゅうおすすめする相手でもない。」
であいちゅうに関しても、オタクに対して嫌う女性が見る限り多めのようです。

であいちゅうシンドローム

アニメやマンガにも一般化しつつあるように思われる日本ですが、まだ一般の人には受入れがたい至っていないようです。