山梨LINEM男 涼

前回聴き取りしたのは涼、ちょうど、山梨LINEM男いつもはステマのアルバイトをしている五人の男子!
集結したのは山梨LINEM男、メンズキャバクラで働いていたAさん、山梨LINEM男現役男子大学生のBさん、山梨LINEM男芸術家のCさん山梨LINEM男、某芸能プロダクションに所属するのを諦めたDさん山梨LINEM男、芸人になることを志すEさんの五人です。
筆者「では先に涼、やり出すキッカケから聞いていきます。Aさんからお願いできますか」
A(元昼キャバ勤務)「私は、涼女性心理が分からなくて辞めました」
B(大学1回生)「自分は、山梨LINEM男荒稼ぎできなくてもいいと考える間もなく始めましたね」
C(作家)「僕は山梨LINEM男、ジャズシンガーをやっているんですけど、山梨LINEM男もう駆け出しじゃないのに満足できるほど稼げないんですよ。トップスターになる為には大きな所でなくてもこつこつ下積みするのが一番なんで、、山梨LINEM男こんなことやりたくないのですが、山梨LINEM男しばらくはアンダーグラウンドな見聞を広めようと思って」

無能なセレブが山梨LINEM男 涼をダメにする

D(音楽プロダクション所属)「わしは涼、○○ってタレント事務所に所属してダンサーを目指しつつあるんですが、山梨LINEM男一度の舞台で500円だけしか頂けないんで…先輩に紹介していただいたサクラのバイトをやろうと思うんです」
E(若手コント芸人)「お察しの通り山梨LINEM男、私もDさんと相似しているんですが涼、お笑いコントやって一回数百円の快適な生活してるんです。先輩が紹介してくださって涼、ゲリラマーケティングのバイトをやめるようになりました」
なんてことでしょう涼、全メンバー中半数以上が芸能事務所に所属しているという普通のメンバーでした…、涼かと言って話を聞いてみたら、山梨LINEM男五人にはステマ独自の楽しいエピソードがあるようでした…。