日本オンラインブック ラインIDおくさま

昨夜聞き取りしたのは日本オンラインブック、ズバリ日本オンラインブック、現役でステルスマーケティングの契約社員をしている五人の学生!
集まることができたのは、メンズキャバクラでキャストとして働いていたAさん、現役男子大学生のBさん日本オンラインブック、売れっ子クリエイターのCさん、ラインIDおくさま某芸能プロダクションに所属しているはずのDさん、ラインIDおくさま芸人になることを夢見るEさんの五人です。
筆者「まず先に日本オンラインブック、辞めたキッカケからうかがっていきましょう。Aさん以外の方お話しください」
A(メンキャバ就労者)「俺様は、女心が知りたくて気がついたら辞めていました」
B(大学2回生)「僕は、ラインIDおくさま稼がないと意味がないと思いながら始めましたね」
C(アーチスト)「おいらはラインIDおくさま、歌手をやってるんですけど、もう駆け出しじゃないのに一切稼げないんですよ。売れる為にはささやかな所からこつこつ下積みするのが一番なんでラインIDおくさま、、ラインIDおくさまこういうアルバイトをやって、一旦アンダーグラウンドな場数を踏もうと思って」

無能なセレブが日本オンラインブック ラインIDおくさまをダメにする

D(某芸能事務所所属)「自分は、ラインIDおくさま○○って芸能プロダクションに所属してダンサーを目指し励んでるんですが、ラインIDおくさま一回の舞台で500円しか受け取れないんで…先輩が紹介してくださったサクラのバイトをやっています」
E(コント芸人)「本当は、私もDさんと近い感じで、お笑いコントやって一回数百円の侘しい生活してるんです。先輩に教えて貰ってラインIDおくさま、ステルスマーケティングの仕事をすることになりました」
驚いたことに、日本オンラインブック全メンバー中半数以上が芸能プロダクションに所属中というパワフルなメンバーでした…ラインIDおくさま、ただ話を聞かなくてもわかるようにラインIDおくさま、五人にはサクラ特有の苦労エピソードは無さそうでした…。