仕事に行き詰った時

自分から話しかけよう

神待ちのサイトと呼ばれるくらいなのですから、そのサイトでは、女性たちは自分を救ってくれる人を待っているのです。だからそれを神待ちサイトなどと呼んでいるのです。
そういうわけでこのサイトでは、男性から声を駆けるのは基本です。女性が書き込んでいる文章を読んで、このような女性ならば自分で助けたいと思った人がいれば、その人にメールで連絡を取ります。
そのメールには、自分がその女性にどんなことをして挙げられるのか、家に泊められるとか、ホテルに泊めるのか、あるいはもっと必要な生活費まで面倒をみるのか。
しかし神待ちのサイトといえども、それなりのお返しがあるのが当たり前で、まだ会う前にそこまで約束する必要はないでしょう。
どうやって自分から声を駆けるのか、それは単純です。「君は凄く困っているようだから、私が助けてあげるよ」そう言うだけでいいのです。
もちろん神様みたいな振りをする必要なんて少しもありません。その女性がまだ誰にも声を掛けてもらえていないのなら、返事はすぐにあるでしょう。
女性たちは携帯電話が唯一の救いです。ずっとそれを持って待っているのです。すぐに返事がなければ、もう誰かと会っているということです。
女性たちは本当に困っているので、すぐに連絡が帰ってくるのが普通ですからね。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

最新情報

2015年12月5日出会い
千葉 市川 30代 セフレ
2015年11月30日色々な恋愛体験
沖縄 ハローワーク求人 在宅
2015年11月14日出会い
絶対にセフレなら知っておかないと損する
2015年10月9日初心者
橿原でセフレツイート
2015年9月21日SNSについて
レズライブチャット エロ

このページの先頭へ