私を救うもの

「もう1度無料出会い系サイト聞き返してもいい?」そう私が言うと、彼は少し苦しそうな顔をして「本当に、申し訳ないと思っているんだ」と言いました。
私たちの関係がたった今、終わろうとしていました。
正直なところを言うと、私は納得など出来ていませんでした。
彼の一方的な思いで別れを決断されてしまうのにも納得が行きませんでしたし何よりも私は「彼とは恋愛関係を続けていきたい」という意志があったのですから。
しかし、結果として私たちは別れる事になりました。
どんなに私が頑張っても離れて行く人の心を引き止める事は出来ませんよね。
取り残されたような気持ちになった私は毎日を混沌と過ごすようになりました。
気を使ってくれる友達が、どこかに行こうかと誘ってくれることもありましたがそんな気持ちにもなれず、申し訳ないけれど全てを断り1人の世界に閉じこもるようになりました。
それが4ヶ月以上続いた時、友達にこういわれてしまったのです。
「何時までそこに居るつもりなの?自分で自分を救わなきゃ誰も救いになんて来ないよ」と。
的を得た発言だと思いましたし、どうじに私の中に消えていた思考回路であったとも思いました。
少しずつ自分を救うという意識を持ってみる。
そうしていくことで、少しずつ光を感じるようになることが出来ました。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

最新情報

2015年12月5日出会い
千葉 市川 30代 セフレ
2015年11月30日色々な恋愛体験
沖縄 ハローワーク求人 在宅
2015年11月14日出会い
絶対にセフレなら知っておかないと損する
2015年10月9日初心者
橿原でセフレツイート
2015年9月21日SNSについて
レズライブチャット エロ

このページの先頭へ